韓国語講座(発音について色々)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 韓国語講座(発音について色々)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark


今回は発音について気になることを書いてみます。

韓国語の母音のように、韓国語には日本語にない音があります。同じように韓国語にはない日本語の音があります。ここまでの説明で気が付きましたか?

旅行に行って看板や案内図を見るだけであれば発音はほとんど関係ありません。でも、せっかくなら簡単な会話はできたほうが、もっと楽しいはずです。

そこで、まずは韓国語特有の発音。これは一番日本人らしい発音なのかもしれません。

미안함니다 = MI AN HAM NI DA

日本語だと「ミアンハムニダ」となります。この「ハム」の「ム」の音です。これはローマ字で書くと「HAMU」ではなく「HAM」です。つまり「む」と言わないで「M」だけ発音するのが正しい発音になります。「む」より「ん」に近いかもしれません。

これはよく出てくる音です。前に紹介した「カムサハムニダ(ありがとうございます)」も同じです。正確には「カmサハmニダ」みたいな感じになります。ここをうまく発音できるようになると、とっても慣れている感じに聞こえてくるので頑張ってください。

次は濁音(点々がつく音です)。まずは次の韓国語を読んでみてください。

동대문 시장 = DONG DE MUN SI JANG

「ドンデムン シジャン」です。「シジャン」とは市場のことです。トンデムンは東大門で有名ですよね?「とんでむん」じゃなくて「ど?」と思うかもしれません。韓国では、この発音の違いが曖昧なようです。特に日本の方には区別しにくいみたいです。

韓国に行くとわかるのですが、看板などには「Dongdaemun-sijang」と書かれています。でも、「トンデムン」と発音しているように聞こえるそうです。どうやら、濁点でも、特に最初に出てくる場合、韓国人は苦手なようです。例えば「ぞうさん」。韓国人が発音すると「じょうさん」になります(笑)

逆に考えると韓国語の発音をする時は「最初の濁音は消す」と覚えてください。

発音についてはこれで終わりです。あとは場面によって覚えていってください。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">