乾燥唇をしっとりさせる3のTip

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 乾燥唇をしっとりさせる3のTip
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark


冬場、冷たい風と乾燥した天気のせいで唇は荒れます。女性だけでなく、男性の方も唇が荒れると元気がなく、どこか痛いようにみえます。冷たい風にもしっとりとつやのある唇はどうやって作れるのか!ご紹介します。^ー^

◆ 唇の角質ケアは基本
唇は毛穴がないので水分保湿膜を形成できないために角質がでいやすいです。唇の角質を取り除くときは無理してとるより十分にふやかしてからリップスクラブ剤などを使って取り除きます。

スチームタオル:タオルを熱いお湯に濡らして唇にあてて1~2分ほど置いて角質をふやかします。

黒砂糖スクラブ:蜂蜜と黒砂糖を2対1の比率で混ぜて唇に塗ってからこすります。オリーブオイルやバセリンを少し入れるとよりいいです。

緑茶ティーパック:緑茶ティーパックを唇の上に5~10分を置いて角質をふやかしてからティーパックの中の粒でスクラブします。
牛乳:牛乳を暖めてから化粧コットンに濡らして唇の上に置いてから角質をふやかしてから角質を取り除きます。

◆ 唇の保湿は必須

冬場、唇の保湿は必須です。普段リップバームなどのリップケア製品を携帯して頻繁に塗ってあげるといいし、一週間に1回ほど唇の保湿パックをしてあげるといいです。

hidoc_20141210112110371

蜂蜜パック:週に1回ほど唇パックをします。唇に蜂蜜を塗ってからラップをかぶせてから20分ほど経ってから水であらってからリップケア製品を塗ります。

唇エッセンス:唇パックをしにくいなら、毎日寝る前に植物性オイルであるホホバオイル、オリーブオイル、シアバターなどが入った唇保湿剤やエッセンス、保湿クリーム、バセリンなどを十分に塗ります。

◆ 唇のための習慣見直し!

しっとりした唇のためには普段から悪い習慣を見直すのが大事です。

hidoc_20141210112110522
唇の角質を歯や手で取らない:唇は他の肌より肌の層が薄く無理して取ると傷がつきやすく細菌に感染しやすくなります。

唇につばを塗らない:唇が乾いたときつばを塗ると瞬間的にしっとりした感じにはなりますが、つばが乾燥すると唇にある水分も一緒に蒸発して乾燥し、より悪化します。

水とビタミンをとる:ストレスと披露、ビタミンB、Cの不足は唇を荒れさせる原因なので普段の披露が蓄積されていないようにして、みかん、オレンジ、ブロッコリーのような果物や野菜、水を頻繁に食べるようにします。

完璧なクレンジングをする:リップスティックを塗ってメイクアップを落とすときは唇専用のクレンジングなどを使ってクレンジングを完璧にします。リップスティックの色素が着色された場合唇の色が代わったら乾燥します。唇のしわを予防するならティッシュなどを使って唇を強くこすることはしないことです。

出典http://media.daum.net/life/style/beauty/newsview?newsId=20141210112110216


関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">