韓国のマスクパックのトレンドが変わっている

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 韓国のマスクパックのトレンドが変わっている
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


外国の方にも人気の韓国のマスクパックに新しい素材が注目されてます。

手軽さが受けて不織布素材のシートマスクパックが主流でしたが、その後、ゲルマスクパックに変化しましたが、最近は天然素材のバイオセルロースが徐々に登場し始めてトレンド変化を主導しています。

特に、バイオセルロースパックは天然フルーツ発酵水が主な成分です。今年のはじめ基礎化粧品でSKⅡなどをはじめ、様々のコスメブランドから発酵製品にトレンドを形成しました。マスクパックにも発酵の概念が融合されました。

今まで韓国のマスクパックは中小社らが価格を競争力に前面に出して導いてきました。しかし、バイオセルロースパックは正反対です。ランコムや雪花水(ソルファス)などのコスメブランドが進出したので興味を持つしかない状況です。

現在のランコムは、基礎部門の代表製品であるジェニフィックラインで「ジェニフィックセカンドスキンマスク」を発売しています。肌に完全に密着されるバイオセルロースの天然素材で作りました。皮膚への刺激を最小限に抑えて、使用感が快適でつけている間も肌が呼吸できるように高い空気透過力が特徴です。即時保湿効果で、韓国では別名 「芸能人マスクシート」と呼ばれてます。

169235_14650_2127
韓国の代表ブランドである雪花水(ソルファス)も「ヨミンマスク」で対抗しています。漢方発酵技術を適用して製作期間だけで14日がかかりました。バイオセルロースシートはヨンシル(いばら)成分で作ったマスクシートトマスクの優れた水分感とハイドロゲルシートの優しい質感を兼ね備えました。緻密な網状構造で顔どの部位にもよく密着して浮きせずに使用することができます。

169235_14652_2754
27年の伝統を持つフランス産SAMPAR(サンパ)も「フェイスラインアップバイオマスク」というものを発売しました。サトウキビから抽出したリフティング効果のダイナリフト(Dynalift)成分とサンパの代表成分アーバンアドバンスが含有されて肌弾力はもちろんもちろん、保湿機能を加えてより強化させました。顔面輪郭改善と肌の鎮静など外部臨床機関から6つの臨床テストを完了しました。

バイオセルロースマスクパックは不織布やゲルマスクとは違う肌タンパク質と似た構造を持つ3世代マスクパックで、綿や不織布に比べたら10倍以上の化粧水を含んでいるので肌に十分な保湿よ栄養成分供給と天然素材として敏感な肌にもつかえます。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*