韓国で最も自殺が多い橋『麻浦大橋』

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 韓国で最も自殺が多い橋『麻浦大橋』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark


今日はちょっと暗い話というか重い話というか…韓国の自殺の話をしたいと思います。

韓国の自殺率はOECD国家の中で1位だそうです。世界自殺予防の日を控えて保健福祉部が発刊した『OECDヘルスデータ2012』によると韓国の自殺率は2010年基準で人口10万人あたり33.5人で、2009年28.4人より5.1人増えました。

自殺する場所の中で漢江(ハンガン)にある麻浦大橋が自殺する人が多いようです。麻浦大橋が自殺1位のわけは他の橋より歩行者の接近が容易で、ヨイド証券街が付近に位置している地理的な特性のためというのが多数の関係者らの分析だそうです。地下鉄の駅からも近いこともあります。

漢江には多くの橋がありますが、実際麻浦大橋は他の漢江橋より歩行者が多いです。

22年間ソウル警察庁漢江警察隊所属隊員として活動してきた方によると『不思議なことが自殺者たちの投身ポイントが決まっています。麻浦大橋の場合、北端よりは南端の方で投身することが多かった。漢江大橋はアーチ部分で発生率が高い。正確な根拠を探すのは難しいが、接近が容易で人の往来が多い点であるようだ』と話しました。

麻浦大橋では自殺防止のためにヒーリングメッセージ、銅像、SOS電話、監視カメラなどを設置して『命の橋』になろうと取り組んでいます。

ヒーリングメッセージには誰か一緒に歩きながら話しかけるように『ご飯は食べた?』、『疲れてない?』、『何か悩みでもある?』などが書かれています。
image_readtop_2012_622421_1348627721738816
夜にも見えるようにメッセージが書いてあるところがライトアップされます。

bbuheng201209262102150
橋の中央に置かれた『もう一度』という銅像です。
この銅像はもう一度人生に対する希望を持とうという意味を持っています。

このような取り組みで自殺者が少しでも減ったら良いですよね。^^
自殺ではなく、デートや遊びに行く麻浦大橋になって欲しいです。

こちらは↓新しくなった麻浦大橋を紹介した韓国のブログです。
http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=strahlla&logNo=100172148761


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 慈雨 より:

    以前、ヨイド島にある63ビルディングからの帰り、夜の暗い時に漢江にかかる大きな橋を歩いて渡った事があります。それが麻浦大橋か、どうか今地図がないので確認できないですが、周りに人は無く、猛スピードで車が行きかうだけです。転落しても誰も気づく事は無かったでしょう。

    韓国の人は楽天的というイメージが有ります。暗い人もいますが一般的には明るい人が多いです。で私には韓国人が自殺するなんて想像できませんでした。今の韓国で自殺が多いのが事実ならば、それだけ韓国が豊かで複雑な社会になったという事でしょう。貧しい国の人は他人を殺してでも行きよう、とする人が多くて自殺なんてあまり考えないですから・・

    自殺をしようとする人の心の内面はさまざまで、容易に他人が理解できる事ばかりではないと思います。でもスーちゃんもそうだったと思いますが、私も外国を知って心が広くなったように思います。自殺を考える人に対しては、「外国へ行ってみれば、ちょっと違う価値観で生きている人がいるんだよ」と話しかけたい気もします。

    ちょっと重たい話になりました。たまにはこういう話もいいかと思います。ありがとうございます。

    • スーちゃん より:

      慈雨さん
      江漢にある橋を歩く人はあまりいないし、車も早く行き交うし、
      なんかさびしい雰囲気が自殺を考える人をよりさびしくさせるかもしれませんね。

      私も慈雨のように日本に来て視野も広がって、心も広がった気がしますね。^^
      自殺を考えている方に様々な方と会うことや違う環境に行って見ることを
      おすすめすると少しを考えが代わるかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">