キム・ナムギル、日本で7月歌手デビュー



キム・ナムギルさんの公式日本ファンサイトは29日『キム・ナムギルが今年、初日本ツアーを無事終えた。彼が日本で7月10日歌手として初デビューを控えている』と伝えました。

彼は日本でデビューする曲は『ロマン』でキム・ナムギルさんが普段から一番好きだった日本のグループ安全地帯の玉置告知さんのヒット曲をリメークしました。キム·ナムギルさんの『ロマン』は、ピアノ伴奏に合わせた切ない声が加味されて新しい感じを披露する予定です。また、彼のシングルアルバムには日本で放送されたMBCドラマ『善徳女王』のOST『愛してはいけないから』をはじめとして 『今は愛していますか』なども収録されています。

キム·ナムギルさんは日本デビューと一緒に7月26日名古屋、27日大阪、28日に東京で開かれます。『キム·ナムギルプレジェンツオリンパスアンサンブルクラシックコンサート』に参加する予定です。彼は昨年、クラシックの大衆化のためにオリンパスアンサンブルの演奏活動や日常のことなどを盛り込んだドキュメンタリー音楽映画『アンサンブル』の製作者で参加したりして注目を浴びています。

キム·ナムギルさんはKBS2の『仕事の神(派遣の品格のリメイクドラマ)』の後続で放映される『サメ』の俳優ソン·イェジンさんと呼吸を合わせて熱演しています。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*