ちょっと変わったマッコリはいかがですか

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ちょっと変わったマッコリはいかがですか
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark


マッコリといえば真っ白なものだけだと思いませんか?しかし!マッコリにはざまざまな種類があるんです。今日は特別なマッコリをご紹介します。^-^

上の画像の順番に沿ってご紹介します。
1,富者紫いも(ぺへジョンドガ)

原料:米 、紫いも、アルコール8%

李明博大統領が日韓首脳会談の際、乾杯酒として使われたマッコリで有名です。ぺへジョンドガの富者マッコリシリーズでギョンギ米とヨジュ産サツマイモを使って作った殺菌濁酒。抗酸化効能に優れ、アントシアニンと食物繊維が豊富です。(375ml/3千ウォン)

2,アイシング(クッスンダン)

原料:米、グレープフルーツ果汁、アルコール4%

スーパークーリング工法を適用して冷却熟成した新概念のマッコリです。既存のマッコリよりも飲みやすく、炭酸の清涼感がクールな印象を与えます。ギョンギ米100%に、合成甘味料の代わりにグレープフルーツ果汁を入れてトロピカルフルーツの爽やかな味にしました。(350ml/1千1百ウォン)

3,松山ブドウ生マッコリ(ペヘジョンドガ)

原料:米、ブドウの原液、アルコール5%

米を蒸さずに生米を粉砕して仕込む製法で作った生マッコリです。生米を研ぎ、仕込んでアミノ酸、食物繊維などの栄養成分の損失が少なく松山ブドウ原液が入って香りが豊かで味わいとのどごしが柔らかいです。(750ml/2千ウォン)

4,高麗人参いっぱいの生マッコリ(デノンバイオウリ高麗人参)

原料:米、高麗山参、アルコール8%

サポニンが2,000 mg以上配合され、味がさっぱりして濃厚な山羊(サンヤン)の高麗人参の効能で心身を安定させてくれます。自然発酵期間を8〜10日かけて熟成させ、自然発酵の味をそのまま感じられ、2次発酵の過程でサンヤン高麗人参をおろしいれ、その効果を最高に高めました。(750ml/2千ウォン)

5,カピョン松の実生マッコリ(ウリスル)

原料:米、松の実、アルコール6%

2010年ソムリエコンクールで1位をしたプレミアム生マッコリです。金浦のマッコリ専用の「すばらしい米」を主原料にして加平松の実、清浄地域加平県里の地下250mの天然岩盤水で作りました。人為的な香りを使わずに松の実の香ばしさと風味が穏やかで優しく感じられます。(750ml/1千5百ウォン)

6,チョンソン銘酒生マッコリゴンドレ(クッスンダン)

原料:米、ジャガイモ、ゴンドレ、アルコール6%

クッスンダンの「チョンソン銘酒生マッコリ」は、韓国国内で初めて開発された発酵制御技術と外部の空気を遮断し、酵母の活性化を調節して長く味が維持されるお酒です。江原道の高地で育った若い葉と茎を春に採取して乾燥したゴンドレを初めてお酒に使いました。(1000ml/3千ウォン)

7。ボンピョン生そばマッコリ(ボンピョンそばF&B営農組合法人)

原料:米、小麦粉、そば、アルコール6%

海抜700m清浄地域蓬坪(ボンピョン)の地下岩盤水とそば粉を原料にしてすっきりとした味わいを誇る濁酒です。。蕎麦特有の荒い味をなくし、やさしく作って豊富な食感を持っています。血圧や糖尿病、消化促進に役立ちます。(1000ml/2千ウォン)

出展http://media.daum.net/life/food/restaurant/newsview?newsId=20131122092905752


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 慈雨 より:

    マッコリは農作業の合間に飲む酒で、農酒と呼ばれていたそうです。
    すぐに酔わないですね。
    スーちゃんも韓国の友人と会ったとき、日ごろのストレスを発散するために
    少し飲まれますか?

    • スーちゃん より:

      慈雨さん
      子供がいなかったときは少し飲んだんですが、
      今は子供がいるので飲めないですね。^^
      もともとお酒飲めないので滅多にのまないです。
      ストレスは激辛料理を食べて発散します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">