母乳で垂れたバストをどうやって戻す?

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 母乳で垂れたバストをどうやって戻す?
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


女の人生で妊娠と出産は祝福の中の一つです。しかし、妊娠すると女性ホルモンの変化でバストが大きく固くなって、出産後の母乳授乳でバストは徐々に小さく弾力を失って垂れることでストレスになります。

そこで母乳授乳で垂れたバストを元に戻す方法をご紹介いたします。

●母乳授乳でバストが垂れる原因
abbc28605d4948a5ed49be7120c7d7b5
妊娠をするとおっぱいが張って固くなり、末期には乳腺の発達と血液循環の増加で乳房の大きさが一時的に大きくなります。しかし、出産後母乳授乳が終わるとバスト筋肉の弾力を失って垂れて脂肪と乳腺組織が縮みます。とともに真皮層の弾力性の低下を起こして胸下水を発生させ、胸をさらに小さく弾力をなくしてしまいます。

授乳をする前はいつもおっぱいのマッサジをした方がいいです。おっぱいのマッサージは肌層の弾力低下を防いで運動効果を与え、乳腺の萎縮を防いでくれる予防策になります。とともに、授乳をしながら間隔を頻繁にチェックして調節するとおっぱいの垂れと縮み現象を予防できます。また、断乳するときは時間を決めてゆっくりとやめた方が乳腺の急激な萎縮を防ぎます。

●垂れたおっぱいを戻す運動法!

d209ab8b03b2c6cbb68200a713f7f2d8
1. オイルマッサージ
シャワーのあとおっぱいにオイルを塗って外側から内側に円を書くように下から上に押すようにマッサージします。次におっぱいを手でおさえておっぱいの中心に押して5秒間強くつかみます。最後に脇からおっぱいの内側まですねて血液循環を促進させて腫れをおさえましょう。

2. 重力によって垂れたバストのための運動法
年を取るほど重力によって常に垂れるバストが悩みなら、両肘をつけて合掌して頭の上に上げたり下げたりを10回を時間があるときやると弾力のあるきれいなバストラインになります。

3. 大きさが左右異なるバストのための運動法
左右のサイズが異なるバストのために手の位置を違うところにして腕立て伏せをすると正しい位置のバストになります。

方法は片手は胸より上の方にもう片手は胸より下の方に置いて曲げて伏せます。その次呼吸を吸って肘を曲げて下げて呼吸を吐きながらバストの筋肉に力を入れて体を上げる方法を15回3セット運動します。

出典http://bntnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=03&c1=03&c2=&c3=&designer=&season=&nkey=201502111934313&mode=sub_view


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*