ソチョン(西村)通りでぶらぶらしよう!



●ソチョン(西村)通り

キョンボックン(景福宮)の西側にあるソウルのトンインドン(通仁洞)とオクインドン(玉仁洞)はまとめてソチョン(西村)と呼ばれています。ここでは昔から画家のイ・チュンソプ(李仲燮)、チョン・ギョンジャ(千鏡子)、作家のイ・サン(李箱)、ユン・トンジュ(尹東柱)など韓国の有名な芸術家たちが住んでいた地域としても有名でした。芸術家たちの感性が息づくここには昔の趣と感性が感じられる観光スポットが多くあります。その中で、アーティストのユニークな感性が込められたハンドメイドを販売する工房を紹介します。各通りにある隠れた工房を探索しながらソチョン(西村)で余裕とひっそりとした静かな時間を満喫してみては。

getimage-26
リサイクルで再誕生した、たったひとつのものがあるところ

「可能な限りリサイクルプロジェクト」というコンセプトで、ハギレや木材など流行の過ぎ去った服などがすべてリサイクルされ、世界でたった一つのアイテムとして誕生しています。特にオーナー夫婦は、それぞれ木工と洋服のリフォームを手がけ、娘は絵を描いてそれが人気商品に。家族が一緒にお店を作り上げていく過程とそのコンセプトがユニーク。ヴィンテージのリフォーム衣料が最も人気が高くTシャツは20,000ウォン、パンツは30,000ウォン台より購入可能です。そのほかにもコストパフォーマンスの高い感覚的な雑貨に出会えることでしょう。

getimage-27
Goorooroo
map_icon ソウル市チョンノグ(鐘路区)ピルンデロ26 (樓下洞)
tel_icon +82-70-8954-8815
time_icon 火~日曜日 14:00~18:30 (月曜休み)
getimage-28

●トンイン(通仁)市場

トンイン(通仁)市場では、自分でお弁当を作っていく楽しみがある。まず、お弁当カフェでコインを購入する(コイン1枚あたり500ウォン)。 5000ウォン(コイン10枚)が基本料金となる。コインと配布されるお弁当プレートを持って、市場の中を散策しながらお弁当カフェ加盟店の食堂、餅屋などで食べ物とコインを交換して自分だけのお弁当を作り上げていく。カフェに戻り、好みに合わせてライスと汁物(各メニューがコイン2枚)を購入してお食事タイム。お弁当カフェではお食事時のコーヒー、ドリンク類は500ウォン割引。

map_icon ソウル市チョンノグ(鐘路区)チャハムンロ15ギル18 (通仁洞)
tel_icon +82-2-722-0911、0936
time_icon 7:00~21:00 (毎月第3日曜日は市場休業)
お弁当カフェ営業時間:11:00~17:00 (毎週月曜日休業/コインは16:00まで販売)

getimage-29

大人のためのおもちゃがいっぱいの場所

ここにはオーナーが、世界中から集めた様々な手工芸品と韓国人作家の個性あふれる作品を見ることができます。オーストリア産スノードームからタイの陶器製人形、ペルー産アルカパ人形、その他インドネシア、アフリカ、イギリスなどから来たエキゾチックな小物や 韓国人作家が作ったトランプ、はがき、文房具など、様々なアイテムが並んでいます。特にトランプはヨーロッパの観光客の間で人気が高いそう。価格帯は1,000ウォンのポストカードから40,000ウォン前後のアルパカ人形まで多様です。

getimage-30

ウヨンスジプ(偶然収集)

map_icon ソウル市チョンノグ(鐘路区)オギンギル33 (樓下洞)
tel_icon +82-70-4234-0759
time_icon 12:00~19:00

getimage-31

パク・ノス(朴魯壽)美術館

パク・ノス(朴魯壽:1927~2013、雅号はナムジョン(藍丁))画伯が住んでいた家屋は、1937年頃に建てられた韓屋と洋式の折衝式家屋で1991年に文化財的価値を認められ、ソウル市文化財資料1号登録された。女優イ・ミンジョン(李珉廷)の母方の祖父で知られているパク・ノス(朴魯壽)画伯はここで40年以上の時間を過ごし数多くの作品を残した。去る2013年2月に他界する前に、家屋や作品などをチョンノ(鍾路)区へ寄贈し、その後この家屋はチョンノ(鍾路)区初の区立美術館へと変わった。

map_icon ソウル市チョンノグ(鐘路区)オギン1ギル34 (玉仁洞)
tel_icon +82-2-2148-4171
time_icon 10:00~18:00 (月曜日休み、旧正月および秋夕(旧暦8月15日当日休み、17:30まで入場可能)

getimage-32

韓国固有の伝統と感性が生きている場所

ここの特徴は、韓国の伝統工芸の粋をトレンディに再解釈したことでしょう。ここを運営するオーナーは義父とともに螺鈿作品を、オーナー実母と叔母は伝統的な韓国の装身具であるメドゥプ(組み紐)を制作しています。オリジナル作品だけでなく、アジア各国に在住している知人の工房で制作された作品も販売しています。こちらの製品の中で、伝統的なメドゥプ(組み紐)の技術を応用したクラッチバッグ、ハンドバッグ、ブレスレットなどは、20~30代の女性の間で人気が高く、螺鈿を応用したジュエリーボックスなど珍しい小物は、特に40代以上の年齢層で人気が高い傾向があります。価格帯はメドゥプ(結び目)ブレスレットは18,000ウォン、螺鈿類は50,000より。

getimage-33

Asian Mood

map_icon ソウル市鐘路区オギンギル33 (樓上洞)
tel_icon +82-2-733-0949
time_icon 11:00~20:00 (月曜日休み)

getimage-34

ソチョン(西村)通りで出会える「美味しいソチョン(西村)」

ソチョン(西村)は隠れた名品店が多いことで有名だ。特に異色グルメのお店が多く、かまどで焼いた肉厚クラストのピザと韓国の伝統オミジャ(五味子)本来の味を生かしたクラフトビールを売るピザ屋、80~90年代の音楽を背景にレトロな雰囲気の中で食べるサムギョプサル、トゥンガルビ(豚のバックリブ)、ハンバーグステーキなどを楽しむことができるバーベキューハウス、25年間大統領府にパンを納品していたパン屋などがある。

お腹が空いた時にピッタリのソチョン(西村)グルメ

ビッチャ (빚짜)安心価格で美味しい手づくりピザとビールがある場所

map_icon ソウル市チョンノグ(鐘路区)サジクロ113 私学会館
tel_icon +82-2-722-1832
time_icon 月~金12:00~24:00 / 土 13:00~24:00 / 日 13:00~23:00
ヒョジャ(考子)バベレトロスタイルで楽しむコスパの高いサムギョプサル(豚の三枚肉)BBQ!

map_icon ソウル市チョンノグ(鐘路区)チャハムンロ1ギル42 (体府洞)
tel_icon +82-70-8749-0019
time_icon 月~金17:00~翌1:00 / 土・日曜日 16:00~翌1:00
ヒョジャ(考子)ベーカリー25年間チョンワデ(青瓦台)御用達のパン

map_icon ソウル市鐘路区ピルンデロ54 (通仁洞)
tel_icon +82-2-736-7629
time_icon 7:30~24:00

出典:http://japanese.visitseoul.net/tours/%E3%82%BD%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%B3%E8%A5%BF%E6%9D%91%E9%80%9A%E3%82%8A_/19270?curPage=1


関連記事:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*