YGエンターテイメント2013にはさらに

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YGエンターテイメント2013にはさらに
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


今年、音源市場でPSY(サイ)、BIG BANG、2NE1、エピックハイ、イ・ハイなど音源を発表するたび1位になりました。そのYGエンターテイメント社の2013年はさらに期待が高まるそうです。

YGエンターテイメントは来年新人グループを大挙デビューさせると明らかにしました。特に男子グループの場合はBig Bang以後7年ぶりなのでより関心を集めています。

YGエンターテイメントの新人のデビューがより期待されるのにはわけがあります。YGは新人を他の会社より出さない会社です。そのくらい音楽の質と歌手により慎重を期しています。ので、YGが何年もトレーニングさせた新人グループの大挙登場に音楽界全般に大きな影響を及ぼすものと見られています。

YGが今年デビューさせた新人はイ・ハイさんが唯一です。イ・ハイさんはSBS『K-POPスター』を通じてYGに入り、短期間トレーニングをして今年デビューした新人の中で独歩的な存在感を現わしました。しかし、イ・ハイさんの場合はK-POPスターを通じて音楽界にデビューしたので、YGが何年も精魂を込めて育てた新人とは多少の違いがあります。

来年YGからデビューする男子新人グループは一組ではなく複数のクループで、ヤン・ヒョンソク代表が直接陣頭指揮しました。BigBangや2NE1のようにヤン・ヒョンソク代表はこれらの新人グループを今後3年の間に直接ケアしていく予定です。

イ・ハイさんの場合、わずか数ヶ月のヤン・ヒョンソク代表の指導を通じて大成功を収めたという点を勘案すれば、来年初めにデビューするYGの新人グループたちの力量も期待してみる価値はあると思います。

これについてYG関係者は『YGエンターテイメントは新人グループの場合3年間はヤン・ヒョンソク代表の指導を受けます。その後は歌手たちが自律的な能力を広げることを信じて任せています。いわゆる生みの親の心で、子を未成年まで保護し、教えるが、3年を過ぎると自立していく子のように、所属歌手たちが自分たちの夢をかなえていくように自発的な能力開発を誘導することがYGの方針だ』と説明しました。

http://media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20121221111806780


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*