乾燥しやすい機内でのビューティーTip

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 乾燥しやすい機内でのビューティーTip
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


華やかな姿の芸能人は飛行機に乗るときだけは違った姿を見せます。タイトな服は避けてさらにはスッピンで空港に現れることもあります。誰よりも美しいなることに興味のある芸能人たちがこんなにもナチュラルな姿で空港に現れるには訳があるはずです。芸能人も真似するきれいで健康な肌にケアする飛行機ビューティーをご紹介いたします。

●搭乗前: 窓際を避けて、化粧は先にクレンジング!

まず、きれいな肌のためには席の選びから万全を期さなければなりません。紫外線に敏感な方なら窓際よりは通路側席がいいです。高度3万フィートを行き来する飛行機の中は地上より紫外線が強く、特に窓側の席は、紫外線をそのまま露出しやすいからです。もし必然的に窓側の席に座る場合、なるべく窓カバーを下げて、日焼け止めを3〜4時間おきに重ね塗るのが良いです。

飛行機に搭乗する際に厚い化粧を避けるのが良いです。メイクアップは、肌乾燥を誘発することはもちろん、洗顔するのは容易でない環境だと飛行中の肌がダメージを受けます。換気がされていない密閉された機内では空気中の様々な汚染物質が皮膚にくっついてお肌のトラブルが発生しやすいです。

したがって、長時間の飛行に備えて優先搭乗前にメイクアップを消してくれることが重要です。もしまだ化粧を落とせなかったら、飛行機に搭乗した場合、持ち運びやすく使いやすい「クレンジングウォーター」や「クレンジングティッシュ」を利用して化粧を落としましょう。この時、重要なのは、肌への刺激がないように低刺激ティッシュやコットンを使用するという点。有害成分を排除したマイルドな製品も肌が高空で気圧で特に敏感になった肌に刺激せずに使うことがいいです。

●搭乗後:水分補充がキーポイント!服装は何より楽に!

化粧を落としたら、次は不足している水分と栄養を満たしてくれる番です。まず、飛行機内では肌のために、通常よりも大量の水を飲んでだ方がいいです。湿度が低い機内環境は、皮膚の乾燥を誘発し、皮膚トラブルを発生させるために、十分な保湿は必須です。注意すべき点は、コーヒーや炭酸飲料、酒は水分を排出させる作用をするため、水分やミネラルが豊富な水を頻繁に摂取するのがいいです。

175947_30110_220

スキンケア製品も欠かさずに持ち運ぶ旅行アイテムの一つです。特にマスクパックは液体流に分類されず、簡単に使えるので機内で使うには最適のアイテムです。機内では、普段よりも「高機能」、「高栄養」のマスクパックを使用するのが良いです。下層部と上層部に分離された機能性マスクパックは、肌の部位別に油水分バランスを調節してなめらかでツヤのある肌に整えてくれます。

また、機内ではタイトな服やストッキングは避けたほうがいいです。機内では、地上より重力が小さく体が簡単に腫れるからです。綿繊維の服と快適に履くことができるのスリッパを用意するのがいいです。また、機内の都合が許す限り、一定の時間間隔をおいて動いて足を回すストレッチと指圧は、血液の循環をスムーズにして、気圧のために簡単に腫れる体と顔の腫れを抜くのに役立ちます。

出典http://www.dailycosmetic.com/news/articleView.html?idxno=175947


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*