水分クリーム正しく使ってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 水分クリーム正しく使ってますか?
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


肌保湿、再生のためのコスメとして水分クリームが選ばれます。つけた瞬間感じられる保湿と鎮静効果で肌を安らいでくれるからです。肌の水分を守ってくれることはもちろん、補充までしてくれるので一石二鳥ではないでしょうか。

しかし、こんないい水分クリームも注意をするべきことはあります。それは製品に有害成分が添加されているかです。パラベン、フェノキシエタノール、合成着色料などが含まれた水分クリームは皮膚を刺激してかえってトラブルを起こすことがあります。

トラブルがひどくなる場合皮膚炎に発展することがあり、特に注意が必要であります。無パラベン化粧品、防腐剤フリー化粧品、有害成分のない化粧品のような防腐剤化粧品や自然化粧品を選択して安全に使用してみましょう。

●肌タイプ別水分クリーム選び方
乾燥肌水分クリームには油分が含まれた製品が良いです。乾燥肌の乾燥は水分だけで構成されたクリームだけでは解決できないです。適度な油分感のジェルタイプのクリームで肌に油分膜を形成してあげましょう。ゲルクリームは季節の変わり目にも有効です。

角質がひどい肌には高水分クリームを使いましょう。角質がひどいということは皮膚を保護する角質が崩れた状態であることを意味します。高水分リームで角質を柔軟に作成された後、鎮静させましょう。高水分リームは厚く塗ってパックのように使用することもできます。

脂性肌の水分クリームはオイルフリーの製品がいいです。脂性肌は洗顔後のお肌のテカリを避けるために基礎を省略する場合が多いですが、これよりはオイルフリーの自然化粧品がおすすめです。また、水分クリームのほか基本的に脂性肌用化粧品がいいです。

●正しい水分クリームの使い方
水分クリームを使用するときは栄養クリーム、アイクリーム、水分クリームにかかわらず、専用スプーン使って手にとり使うことが望ましいです。指で直接とってもいいが手の熱が化粧品を変質させることがあり、注意が必要です。化粧品は開封後、徐々に変質がされて特に熱が届いたときの影響が高いです。

塗る時間にも気を使わなければならないです。洗顔後、水気が乾く前水分クリームを薄く伸ばして塗ると肌に膜を形成し、水分が空気中に逃げるのを防いでくれます。中から外側に、下から上にブラシを上げるように軽くマッサージしながら塗ってあげましょう。

10代や20代は保湿のためのひアールコラーゲンモイスチャライザーを使うといいです。タマネギの皮のようなユニークな乳化粒子が肌をやさしく包み込みしっとりとなめらかにして敏感肌の方にも安心して使えます。ナトリウムハイアルロネイトが今までの保湿成分と比べ6000倍の水分を保持するだけでなく、空気中の水分まで吸収してグリセリンが肌の保湿膜を生成して水分蒸発を防いでくれます。

30代と40代は老化防止のためのアンチリンクルエフェクトクリームを使って見ましょう。天然レシチン成分を活用してお肌の親和性に優れ、肌の活性成分を肌にゆっくり与えられるように設計されたDDS製剤が結合された再生クリームです。肌にアデノシンとペプチド成分を徐々に伝えて肌を弾力あるように育ててくれる通称『弾力クリーム』と呼ばれています。しわや老化防止に効果的に次の日の朝、より健康で水水しい肌を確認することができます。

出典http://media.daum.net/life/style/beauty/newsview?newsId=20130828090805190


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*