パク・ギウンさんインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - パク・ギウンさんインタビュー
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


ドラマ『カクシタル』が終わってから台本が押し寄せてきた。ほとんどが主人公だった。彼を呼ぶところも多くなった。俳優パク・ギウンの価値が輝き始めたのだ。しかし、彼はあせらなかった。跳躍する状況で一度すくめた。多くのチャンスを後にして映画『密かに偉大な』を選んだ。主人公キム・スヒョンにスポットライトが集中された作品だ。しかし、観客は派手なオレンジ色の髪にエレキギターを持って『俺、人民のロックを見せる!(北朝鮮語)』と叫ぶスパイリ・ヘランを無視できない。パク・ギウンの存在感をもう一度確認できた。

パク・ギウン:『割合ははじめから気にしなかったです。気に入ったキャラクターを演じたかったです。自由奔放で人生を楽しんできたようなリ・ヘランが気に入りました。ウェブ漫画も面白かったです』

彼の信念ある洗濯が大衆に通じたのか『密かに偉大な』は各種の興行記録を更新しヒットしていた。公開前、最多前売り観客数と韓国国内オフィス最短時間100万観客突破記録を超えました。このヒットにパク・ギウンさんも驚いた。彼は『新記録を見て体がぴりっとした。演技は足りなりところが多いですが、多くの方が愛してくれて驚いた』と述べた。

パク・ギウンは映画の中で上手に北朝鮮なまりを駆使する。彼の優れた言語能力は、すでに映画『最終兵器弓』で確認されている。実際にパク·ギウンは、英語の特技生として高校に入学したほどの言語に才能がある。専攻は中国語である。

パク・ギウン:『最終兵器弓で使用した満州語をまだ覚えています。言語に関心が高いです。子供の頃、カナダ出身の外国人と住んでいたんですよ。だから、英語を自然に使いました。高校の時も言語領域と外国語領域で1等級を逃したことがないです。模擬試験の成績も良かったし。しかし、数学は8等級でした。(笑)』

今回の映画では役に忠実するためにギターまで学んだ。これからも続けて学ぶそうで、最近ギターにはまっていた。

パク・ギウン:『歌手ジョン・ヨプ、パク·ヒョシンさんとよく遊びます。自由自在に楽器を扱う姿が本当に羨ましいんですよ。映画では、アマチュアとして出てくるが、いつかはプロのギタリストのように演奏したいです。』

パク·ギウンはデビュー当初多くの人に知られたCFスターだった。ある携帯電話のコマーシャルで見せた愛称『石臼踊り』で一躍スターになった。名前の代わりに『石臼踊り』と呼ばれることが多かった。芸能番組に出演する時ごとに 『石臼踊りを見せてほしい 』要求を受けた。俳優としてコンプレックスになりそうだが、肯定的に受け入れた。

パク・ギウン:『私にはありがたいコマーシャルですよ。そのコマーシャルのおかげで出演依頼が多かったんです。問題は、偏見との戦いでした。 コマーシャルで一躍スターとなったから演技はできないだろうと否定的に見る方が多かったんです。その偏見を破壊するため、より熱心にしたようです』

それとともに、パク·ギウンの心構えも変わった。最初は、たくさんのお金を稼いたかった。スターになる姿を夢見た。しかし、偏見と戦いながら心を入れ替えた。遅く成長しても基本に忠実して、充実した俳優になろうと努力した。デビュー10年ぶりに満開のも忍耐の時間があったからこそ可能だった。 『ある瞬間演技が好きになりました。価値観も大きく変わったんです。演技を楽しみながら着々と発展しようという目標を持つようになりました。これからもそうするつもりです。観客に信頼を与えることができる演技者になるのが夢です。いつも期待に応えることができる俳優になりたい』

翻訳した記事の元はこちらです。
http://news.donga.com/3/all/20130620/55995269/1


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*