今年発売されたエッセンスまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今年発売されたエッセンスまとめ
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


韓国ロードショップが2015年一年間「2万ウォン台しわ改善エッセンス」発売に力を入れています。今回ご紹介する内容は韓国の国内8つのロードショップ代表エッセンスを比べて調査した結果です。

調査対象に含まれたブランドはネイチャーパブリック、ザ・フェイスショップ、エチュードハウス、スキンフードなど8社でした。2015年一年間発売されたエッセンスだけを対象にし、この中で一番最近発売されたか販売台数上位の製品を優先選定しました。

●2015年「自然成分・しわ改善機能性」エッセンスが強勢

2015年には今も自然成分エッセンスが強いですが、ある特性成分が市場を全体を支配してないことがわかりました。ロードショップ別コンセプト成分は ▲ネイチャーパブリック(ロクセムファイア), ▲スキンフード(ブラックシュガー), ▲エチュードハウス(蜂蜜), ▲イニスフリー(生姜), ▲ザ・フェイスショップ(エンバクシード), ▲ミシャ(ザクロ), ▲トニーモリー(天然キトサン), ▲ザセム(カバノアナタケ)でした。

また、2015年には機能性エッセンスの発売が目立っています。調査対象に上がった8つの製品すべて食品医薬品安全処で認証されたシワ改善機能性エッセンスでした。多機能を前面に出した製品もいくつかありました。 8つの製品のうち3つの製品は、シワの改善と美白、二つの機能をすべて備えています。 ▲スキンフード「ブラックシュガーパーフェクト初セラム2X」、▲トニーモリー「エキスパートラップリフティングマスター28アンプル」、▲ザセム「カバノアナタケ発酵アンチリンクルセラム」がこれに該当します。

#商品名で消えた「自然の成分」…の代わりに「成分の原産地」のマーケティングに活用したブランド登場

2015年には、まだ自然の成分エッセンスが主流であったが、製品名にこれを活用したブランドは、少数に過ぎなかった。ただ▲スキンフード(ブラックシュガーパーフェクト初セラム2X)、▲エチュード(ハニーセラ栄養弾力エッセンス)、▲イニスフリー(ジンジャーオイルセラム)の3社のみが含有された自然成分を名称に活用しました。

代わりに、今年は成分の「原産地」をマーケティングに積極的に活用するブランドが登場して目を引いています。代表的なブランドが▲ネイチャーリパブリックです。ネイチャーリパブリック「グリーンチノルエッセンス」は、製品の説明に「フランスブリッタニュー」地帯の海岸植物であるロクセムファイアを使用したことを明示しています。 ▲ザ・フェイスショップも「ザ・セラピー水分ドロップアンチエイジングセラム」について「イタリアマルケ」地域の学者たちが開発した天然の植物ブレンド裏技を再現したと紹介しました。

既存の人気ラインの命脈を継続しているエッセンス発売もいくつかありました。スキンフードは、過去2013年に発売した「ブラックシュガーパーフェクト初セラム」をアップグレードした「ブラックシュガーパーフェクト初セラム2X」を、ザセムは今年12月、既存製品をリニューアルした「カバノアナタケ発酵アンチリンクルセラム」を新たに発売しました。

#2015年ロードショップ代表エッセンス..平均容量58.5ml/平均価格28,988ウォン

2015年に発売された8社のロードショップの代表エッセンス平均原価は28,988ウォンで調査されました。最安値は▲エチュード」ハニーセラ栄養弾力エッセンス(20,000ウォン)」であり、最高は▲トニーモリーエキススパートラップリフティングマスター28アンプル(55,000ウォン)」でした。平均容量は58.5mlであり、最も頻繁に発売された容量は40mlでした。 8つの製品の単位当たり(ml)の平均価格は668.3ウォンでした。
スクリーンショット 2015-12-05 6.31.07
スクリーンショット 2015-12-05 6.31.14


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*