少女時代バッグがだった10分で完売!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 少女時代バッグがだった10分で完売!
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


7f8d0030b5b59e75e6668a970d19292b
ジェイエスティナの少女時代のバッグは少女時代のメンバーの好みによって自ら選んだかばんだそうです。

2003年ローンチした『J.ESTINA(ジェイエスティナ)』ジュエリーは数年間韓国国内ジュエリーブランド部門1位の座を守っています。昨年にも前年(700億ウォン)対比11.4%上昇し、成長を持続しています。ハンドバック売り上げ記録は、ローンチ初年の2011年90億ウォンだった売り上げ額は昨年233%上昇し、1年で3倍にも膨れ上がりました。

『J.ESTINA』の成長に免税店、デパートなどの流通業界の出店要請も殺到しています。昨年末現在、ジェイエスティナのお店はジュエリー87個(免税店14個含む)、ハンドバッグ24個(免税店5つを含む)などです。ジュエリーショップは韓国全国主要デパートと免税店にほとんど入店しており、ハンドバッグ売り場の場合、2年間で4倍に増えました。昨年7月には韓国国内のファッションブランドの中で2番目に仁川(インチョン)コクサイ空港の免税店に単独ブティックショップも開きました。

このようにジェイスティナが上昇しているのはキム・ヨナ、キム・スヒョン、少女時代、ダコタ・ファニングなどスターマーケティングで顧客の関心を引くことに成功し、高級ブランドとして定着したからです。テヨン、ユナなど少女時代のバッグは発売されて10分で完売するなど人気でした。

ジェイエスティナの関係者は『企画段階から消費者の反応を100%判断できないほどワンシーズンに少なくとも3回の生産計画を調整する。新規デザインの製品発売後2~3週間の間隔で反応を確認して再オーだ製品の色と数量を調整する。ジュエリーの場合、ローンチしてから10年が過ぎてお客様も一緒に年をとっているだけに30~40代の中年女性をターゲットにしたプレミアム製品の比重も高めている』と話しました。

ジェイエスティナは今年の売上高目標をジュエリー860億ウォン、ハンドバッグ500億ウォンなど総1360億ウォンに高めました。この会社の関係者は『今年のハンドバッグ売り場を36個(免税店を含む)まで増やす企画だ。ハンドバッグビジネスの成長速度が速いだけに今年の目標も無難に達成することができるだろう』と説明しました。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*