キム・ボム初の時代劇に

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キム・ボム初の時代劇に
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


27日午後2時MBC新月・火ドラマ『火の女神 チョンイ』の制作発表会が行われました。ここにはパク・ソンスPD、ムン・グニョン、イ・サンユン、キム・ボム、パク・ゴンヒョン、ソ・ヒョンジンなど出演者らが集まりました。

キム・ボムさんは『作品を控えて緊張感が生まれるのは同じだ。しかし、時代劇が現代劇に比べてトーンが低く、ドラマ撮影のテンポに余裕があるところが違う。そこの部分を学んでいる』と初の時代劇に対する気持ちを話しました。

続いて、『個人的には時代劇がはじめてなのでどう見てくれるのか期待している。まだぎこちない。この姿でレストランに行って食事をしたが、恥ずかしくて二度としない』とビハインドストーリを話して笑いを誘いました。

また、キム・ボムさんは『テドという人物は、宮の中で伝統的な武術ではなく、生きるためにチョンイを守るために力をつけたキャラクターなので地形地物を使って機知を発揮して戦うつもりだ。ファンヘや武士たちが形にはまったアクションを披露していたとしたらテドは自由なアクションを見せる予定です』と語り、期待感を高めました。

新ドラマ火の女神 チョンイは朝鮮時代陶磁器製作所分院を背景にしたファクション時代劇で、朝鮮時代初の陶工チョンイの波乱万丈な生と愛を描いたドラマです。キム・ボムさんはドラマの中でチョンイ(ムン・グンヨン役)のそばで彼女を守って愛するキム・テド役を演じます。

ドラマは7月1日に初放送されます。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*