種類別アイライナーの使用スキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 種類別アイライナーの使用スキル
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


メイクの中でも一番難しいと言われている「アイライナー」
周りをみれば、ベースメイク、リップなどのメイクアップスキルは完璧だが、アイライナーが残念な女性が以外と多いです。それで、高い金をかけて半永久アイライナータトゥーを受ける方もいます。

アイライナー、種類別特徴だけでも知っていれば難しくないです。今日はアイライナーの種類別特徴と使用スキルをご紹介いたします。

●ペンシルアイライナー
49a7edc0653661be3fa720ce5b1e57ad
メイクアップの初心者なら、ジェル、筆タイプよりペンシルタイプのアイライナーをお勧めします。ペンシルアイライナーを買うときは芯の固さをしっかりテストしなければなりません。このとき塗りやすくてそれほどハードではないものを選びましょう。
まつげのすぐ上に薄く一本を書きます。その後、綿棒を使って厚さを一定にあわせればいいです。綿棒やアイシャドウブラシ等を使って目尻の部分を少し長く書くと自然なメイクができます。

ペンシルアイライナーはペンシルの厚さのため、まつげの間をきれいに埋めることが難しいです。こんなときはペンシルアイライナーで書いてから筆タイプのライナーを使ってまつげの間を埋めるといいです。

●筆アイライナー
0780da7df1de4ea1d442febe42a4b25c
筆アイライナーはペンシルアイライナーとジェルアイライナーの中間です。薄い筆がアイライナーの先に付いているのでよりきれいにはっきりしたラインを書けます。振るだけでケースの中に入っている液が筆の先に適量が出てくるので量の調節も簡単です。
筆アイライナーを買うときは自分が書きたいラインの厚さを考えて筆の厚さを選びましょう。また、汗と油分に消されないようにウォーターフループタイプを使うといいです。

筆ペンで粘膜を埋めるときはまつげの間に小さい点を書くようにつなぎます。筆が薄いために目尻をシンプルに書くことも難しくありません。

●ジェルアイライナー
82f4be359c1c0d5bc200069840eefd43
ジェルアイライナーは滲まなく、持続力に優れているため多くの芸能人も愛用しています。他のタイプと一つ違う点はジェルライナーを使うときは必ずアイライナー専用ブラシを使わなければならないことです。
また、メイクの後ブラシに付いた液をすぐに洗わなければならないです。そうすることで固まることを防ぎます。ジェルは簡単に乾くために使ってから必ずふたをして保管することも忘れては行けません。

ジェルタイプアイラインを書いてから完全に乾く前にアイシャドウを塗ってから綿棒を使ってこすると自然なグラデーション効果があるので参考にしてみてはいかがですか。^ー^

出典http://bntnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=03&c1=03&c2=&c3=&designer=&season=&nkey=201501071805573&mode=sub_view


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*