リュ・シウォンさんの元妻法廷で嘘ついた?

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - リュ・シウォンさんの元妻法廷で嘘ついた?
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]


俳優のリュ・シウォンさん側は、検察が偽装罪で起訴した妻チョさんの処分を願ってないと明らかにしました。

28日午前放送されたケーブルチャンネルYスター「生放送スターニュース」では検察が先月末リュ・シウォンさんの妻チョさんについて一部偽装疑いが認められて罰金100万ウォンの旧約式起訴処分を下したという事実が取り上げられました。

先立って、昨年11月リュ・シウォンさんは妻チョさんが法廷で虚偽の陳述をしたと主張し、告訴状を提出しています。検察は、このうちのいくつかについて偽証の疑いを認められました。

リュ・シウォンさn側は起訴された偽装罪を除いた他は告訴部分にも最近抗告状を提出し、抗告審の判断を待っています。

韓国では法廷で誓いをした証人が嘘の証言をした場合に成立される犯罪で、現行法上、懲役5年または罰金1千万ウォン以下の処するようになっています。

これに関連してリュ・シウォンさん側弁護士はインタビューで「リュ・シウォンについて1、2審刑事裁判はただ被告訴人の陳述を基有罪判決が出た。今回の偽証罪起訴にその陳述をした被告訴人の文が信頼性がないことが明らかになったので、最高裁判決でこの部分を十分に考慮していないかと思う」と伝えました。

また、リュ・シウォンさんの現在の心境について「元妻に対して処罰してほしいのではなく僕の潔白を証明されて娘の親権を持って娘と一緒に生活したいだけだと聞いている」と付け加えました。

離婚訴訟とは別にリュ·シウォンさんは、暴行や脅迫、チョさんの車に位置追跡装置を設置した疑いで在宅起訴され、罰金700万ウォンを宣告されて控訴しました。以来、棄却判決を受けてこれに不服上告して来る9月4日最高裁判決を待っているところです。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*