カロスキルホットスポットまとめ!



都心の中の新しいライフスタイルを提案する新概念ストアが人気です。特にソウルの代表ストリートに挙げられる新沙洞街路樹の道韓国人はもちろん、中国人観光客が最も多く訪れる観光地で多彩なショップが並んでいます。

製品を売るだけでなく、情報を提供してコミュニケーションして体験してみることができるコンセプトストア、旗艦店などは、消費者の五感を満足させ、ますます進化しています。

空間の概念を超え文化やライフスタイルのトレンドを経験できるのが長所です。普段関心あった製品を直接使用して見ることができ加え休憩まで楽しむことができる新しい複合文化空間を紹介します。

#アイソイ「特別な化粧品話」
d4de49a3ea49128648443cf59cd46209

自然化粧品専門ブランドアイソイはコンセプト型体験ストアをオープンして、化粧品ちょっと知っている女性も知らなかった特別な化粧品の話」をテーマに差別化された美しさのコミュニティスペースを披露します。

アイソイ旗艦店は、総3階で構成されており、1階はコスメストアとセルフテストゾーンで運営されており、2階はイベントとライブラリに化粧品のための特別な話を会ってみることができ、様々なビューティークラスが行われます。 3階は、頭皮のケアとスタイリングが可能な「自然な髪のバー」がございますので、カスタマイズされたケアを受けることができます。

#エイトセカンズ「スタジオエイト」
3cc10f2bd663a1d65507bcc4e5c23d26

ファッションブランドエイトセカンズは、日常の特別なエネルギーを与える「Studio8(スタジオエイト)」という顧客とのコミュニケーションの中心の「クリエイティブプロジェクト」のスペースをオープンしました。

感性詩人ハ・サンウクとギム・ギュヒョン作家とのコラボレーションを披露した最初の展示をはじめ、毎月新しい形の展示はもちろん、アーティストたちの公演、スタイリングクラスなど、様々な文化的体験をすることができる差別化された空間を用意する予定です。

#ラインフレンズ「ラインストア」
61e30d960d4c4b3afd2a14a11476f842

世界最大の大きさ「メガブラウン」がカロスキルのランドマークに選ばれるほどのライン(LINE)の旗艦店「ラインフレンズ」です。モバイルの中でのみ存在する絵文字がまるで現実に飛び出してきたような空間を作って大人の同心を満たしてくれます。

人形や小物だけ売る単純な概念のキャラクターショップではなく、衣類、リビング、カフェを組み合わせたライフスタイルストアに生まれ変わったラインストアは商品を売っているところの概念を超えて風変わりな遊び文化を提示しています。 (写真提供:アイソイ、エイトセコンド)

出典:http://bntnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=03&c1=03&c2=&c3=&designer=&season=&nkey=201608312019563&mode=sub_view


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*