一日においが残る明洞餃子!



今回も明洞のお話です。なんかいつも明洞の話題ばかりですね。^^;;実家と近いのでついつい遊びに出かけちゃいますね。

Jpeg
いつ来ても賑わっている店内、韓国の人と外国の人半々って感じでした。

Jpeg
テーブルには水、調味料、ティッシュ、箸などすべてが備えています。忙しいのでいちいち持って来れないため置いてあるでしょうか必要なものは全部揃ってます。

Jpeg
箸とスプーンはテーブルの引き出しにあります。韓国ではこういうスタイルのお店がいっぱいあるのでテーブルの上になければテーブルの下あたりに引き出しがあるか探してみると置いてあったりします。

Jpeg
一日においが残る強烈なキムチと餃子が来ました。カルグッスにも餃子がちょこっと乗っていますが、つい頼んでしまいます。もし、二人で訪れる方は餃子一つとカルグッス一つ頼んでシェアーして食べる方が多いようです。

Jpeg
他では食べれないキムチ!ニンニクの辛みがダイレクトに伝わってツーンときますが、これがなかなか病みつきです。一回目食べたときはあ!きついと思いながらまた箸が行ってしまいます。

Jpeg
みそたれかと思っていましたが、公式サイトで見たら醤油ベースに刻んだ唐辛子、ネギなどが入ったたれでした。

Jpeg
餃子は皮が薄く、中身はぎっしり入ってます。いつもは醤油をつけて食べてましたが、今回はたれをつけて食べてみました。たれも悪くないです。いや醤油よりいいかもしれません。

Jpeg
カルグッスが来ました。二つも頼んでやはり多かったです。子供があまり食べなかったので二つはきついです。カルグッスに小さめの餃子が4つほど入っているので餃子を別に頼まなくても良かった気がします。

Jpeg
スープは鶏ガラの香ばしい中華味です。公式サイトに乗っている食べ方はもっと濃い味が好みの方は先ほどの醤油たれを入れると味が濃くなってまた違った味を楽しめます。カルグッスは8,000ウォン、餃子は10,000ウォンだったです。もし、カルグッスだけ頼んで量が足りなかったらご飯を頼むとくれるのでスープに入れて食べるとお腹いっぱいに食べれます。ご飯は少量です。

明洞餃子の公式サイトはこちらです。日本語サイトなのでメニューが詳しく見られますよ。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*