今年の保湿クリームまとめてみました



乾燥する季節を迎えて、クリームが様々な成分を含んで帰ってきました。馬脂と菜種油に続き、ツバメの巣までクリーム原料がさらに多様化しています。 「雪花秀」など韓国産だけでなく、「SK II」など、輸入代表ブランド人気保湿クリームは、新規原料で先を争って披露し、消費者の攻略に乗り出しています。

htm_20140408145425804
19日関連業界によると韓国内外で人気の保湿クリームの主原料は大多数が植物性です。緑茶と海藻はよく使われて、花も描かせないです。雪花秀のアンチエイジング墓室クリームである。「ジャウムセンクリーム(60ml)だけの特別な原料は「高麗人参」です。高麗人参結晶体が肌の再生力を助けてくれます。

175444_29128_4019
ラネズの保湿クリーム「ウォーターバンクモイスチャークリーム(50ml)」原料は「キノア」と「オリーブオイル」、「ハナアナナス」、「アッケシ草(珊瑚草)」です。植物性スクアラン成分が肌の再生を助けハイドロイオンミネラルウォーターが肌の温度を下げてくれます。特にミネラルの宝庫「アッケシ草」エキスは水分供給と一緒に冬の赤みを抑えてくれます。

2015093046424137
マモンドの「ムクゲ保湿バリアクリーム(50ml)」は、「ムクゲ」が原料です。ムクゲ保湿成分は、肌の水分を保持する皮膚のバリアのセラミド機能を強化します。

320_20151001155945211
エチュードハウス10周年記念コレクション「レッツピンク水分いっぱいコラーゲンクリーム(75ml)」原料は、「バオバブの木」です。皮膚の保護と保湿機能のハイドロールライズドコラーゲンと水分の貯蔵庫と呼ばれるバオバブの木の種子油と果実エキスが主成分です。

スクリーンショット 2015-10-20 16.17.29
イニスフリー「ジンジャーオイルクリーム(50ml)」には「済州ショウガ」が使用されました。皮膚の再生など、若い肌のためのスクアランと肌の保湿のためのグリセリンなど一般的な保湿成分に加えて、ショウガ油(0.1%)とみかんの皮、欄、緑茶、百年草の実、ツバキの葉、マカダミア種子油、カカオエキスなどの天然成分がいっぱい入っています。

4979006067064_N_N_413
海外の人気クリームはどのような原料を使用するでしょう。SK-IIアンチエイジングクリーム「RNAパワークリーム(50g)」は、「豆」と「イースト」が原料です。ガラクトースミセス発酵ろ過水とナイアシンアミドが主成分であります。原料の発酵過程で得る天然酵母ガラクトースミセスは、ビタミンやミネラルが豊富で、清潔で明るい肌を育ててくれます。イーストに存在するナイアシンアミドは、ビタミンB3構成要素として、皮膚美白機能があります。

スクリーンショット 2015-10-20 16.12.11
エスティローダー(ESTEE LAUDER)「クレッセント ホワイト クリーム(50ml)」原料は藻類です。美白成分アスコビルグルコシドや海藻類活性成分であるゲルリディエラ アセチルローザエキスとカギイバラノリエキスが主成分です。

clq_6LKH_402x464
クリニーク(CLINIQUE)の水分クリーム「モイスチャー サージ EX(75ml)」は、「シラカンバの樹皮(花被)」と「白い模様アザミ」、「緑茶」、「アロエベライプス」が主原料です。花被と白柄アザミエキスは肌の活力のためのコンディショニングゼロになる天然原料です。花被は、皮膚収束効果でハリのスキンケアに助けを与えます。ビタミンCが多く緑茶も肌コンディショニング、抗酸化、皮膚鎮静と保湿・保護に使用されます。

162349_6828_3421
アーティストリー(ARTISTRY)水分クリーム「インデアルラディアンスイルミネイティングモイスチャークリーム(50g)」原料は、「デイジー」と「月見草」、「ゼラニウム」、「ジャスミン」、「エンジュ」です。皮膚再生のための「スクアラン」一般成分に加えて、これらの花エキスが肌を守ってくれます。皮膚の抗酸化と鎮静・保湿効果がある緑茶エキスも含まれました。皮膚コンディショニングには、ザクロの木とエンドウ豆の抽出物が使用されました。エンドウ豆は、皮膚の保護機能もあります。加えて、抗酸化のための済州ゲンノショウコ、肌を滑らかに作ってくれて、抗菌作用がある甘草エキス、肌の色管理機能のビターオレンジの皮抽出物などが原料です。

b_Y11128
ランコム(LANCOME)の保湿クリーム「イドラゼンニュイ ストレスモイスチャライジングクリーム(50ml)」も植物エキスが主原料です。これらの植物抽出物の各種アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが肌に栄養を与え、水分を守ってくれます。

スクリーンショット 2015-10-20 16.07.33
この他にも、シャネル(CHANEL)化粧品の中でもサブリマージュ ラ クレーム ユー(50g)」の主成分は、マダガスカル産「バニラの実と花」などの植物から抽出した有効成分です。

これらの原料についての化粧品産業研究院の関係者は、「市販様々な保湿クリームは、様々な原料成分中の保湿成分が最も重要で原料単価的な側面も反映されている」とし「クリーム共通成分に加えて、新規原料が製品の特性を決定付ける。より良い原料も使用できるが、原料対効果まで考慮した原料の」と語った。続いて、 “地域的に一般的な原料を使用することも、このような脈絡」と付け加えた。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*