JYJキム・ジェジュンさんの家族事情



誰にでも言いたくない傷はあると思いますが、JYJのメンバーキム・ジェジュンさんの傷が公開されました。

2006年親子確認訴訟に巻き込まれて悲しい家族事情が公開されました。当時、東方神起として人気を得たとき生みの親はキム・ジェジュンさんの養父母を相手に親子関係不存在確認訴訟を提起しました。

訴訟と一緒にキム・ジェジュンさんは守られるべき私生活まで大衆にさらされました。二十歳になったばかりの青年には手に負えない重荷で、彼に向けられた視線に心の準備もなしに露出されました。

キム・ジェジュンさんは当時の所属社を通じて、『ハン・ジェジュンという名前をくれた実の親がいることは数年前に知った。今まで通りにキム・ジェジュンとして生きたいし、今後もキム・ジェジュンとして暮らしたい』と心境を明らかにしました。

以後、キム・ジェジュンさんは養父母からの愛、姉たちからの愛を放送を通じて見せ、相変わらず家族愛を自慢しました。心で自分を生んでくれた親に感謝の気持ちを表したし、大衆はそんなキム・ジェジュンさんの傷を

しかし、6年が過ぎた今、再びキム・ジェジュンさんの家族事情がインターネットを熱くしています。キム・ジェジュンさんには苦痛になる話についてまた、他の誰かは自分の誤解を解くための方法として選んだように考慮されます。

キム・ジェジュンさんの実の母『オ・ソジン』さんは最近韓国のケーブルテレビに出演され心境を語りました。自身の存在が知られて、悪意のあるコメントによって自殺まで試みたと悔しい気持ちを伝えました。オさんは『息子を捨てん買った。他の家に子供を送ることを養子と認知していなかった。息子の金目当てだという悪質な書き込みで自殺を図ったこともある』など息子に会った後から自身に注がれた非難に対してどのような状況に至ったのか語りました。
752497_0_500281_30992
(こちらがキム・ジェジュンさんの生みの親のオ・ソジンさんです)

もちろん実の母のオさんにも自分なりの理由はあると思います。一般人だったのでなれていなかった悪質な書き込みと非難に驚いたことも大きい。しかし、キム・ジェジュンさんは受ける衝撃とそれによる心の傷は考えて見たのか疑問があります。特に母性愛が強い韓国の母なので、メディアを通じて自分の誤解を解く必要があったのか疑問を持つ内容でした。

今回のキム・ジェジュンさんの実の母が出演された番組は11日午後11時10分TV朝鮮で放送されます。

キム・ジェジュンさんにこんな悲しい家族事情があるとは知らなかったです。芸能人なので私生活が守られないことも残念ですが、知られたくないことまでみんなに公開されることも非常に残念なことですよね。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 慈雨 より:

    芸能人には、複雑な家族事情を持つ人が割合に多い、と言うのは日本でも同じです。
    有名人は多少は仕方ない部分もありますが、確かに他人に知られたくない事って有りますよね。。。

    • スーちゃん より:

      慈雨さん
      本当に複雑な事情を持っている方が多い気がしますね。
      知られたくないことまで知られるのも芸能人だからなので
      仕方ないですけど、芸能人って大変そうですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*