韓国コスメブランド何が違う?



最近韓国コスメブランドショップの競争が激しくなり、似た様なコンセプトのトレンド製品が発売されるなどブランドショップの差別性がなくなっていると指摘されることもあります。その中で確固たるブランドアイデンティティをお店インテリアとコンセプト溶け出すブランドショップもありますが、同様のメインカラーと同じようなアイデンティティを打ち出したところが多い状況です。

『自然主義ブランド』

20130918024106514

●ザ。フェイスショップ
韓国コスメブランドショップ業界1位のザ・フェイスショップは2003年12月オープン当時から『Natural Story』をモットーでスタートしました。美しさの元は自然思って自然からすべての製品のインスピレーションを得ていること。
実際、お店のインテリアブランド哲学を反映し、都心の中で追求する自然の話を再解析したUrban natureデザインをコンセプトにしています。

●innisfree
イニスフリーも自然主義のブランドを目指すが、自然を演出する方法はザ・フェイスショップとは違います。Eco-Friendlyのグリーンお店を目指すイニスフリーは『都心の中で自然を感じる』はテーマはザ・フェイスショップと似ていますが環境にやさしい塗料、熱効率の良いLED照明を使用、折りたたみドア、自動ドアの交換など環境にやさしいインテリアを重要ししています。
また、清浄島済州の美しさを自然主義に追加させて、いくつかの店舗の場合は、済州に生息する8種の植物で作られた『垂直庭園』と済州石の壁を再現したインテリアで、都心の中で自然に出会うことができる『休息のような空間』に施されています。

●ネイチャーリパブリック
ネイチャーリパブリックも別の意味で自然主義を追求しています。いわゆる進化した自然主義というネイチャーリパブリックの自然主義は、自然のままできた美容エネルギーという意味を伝達するために、グリーントーンをメインカラーと店舗空間を演出し、植物で作られたミニ庭園の形のアートウォールを設置して自然の中にいるような余裕さを感じられるようになっています。

●ザ・セム
最近ブランドコンセプトをグローバルエコに変えたザ・セムもやはり新しい自然主義コンセプトとだと主張しています。
地球のあちこちの様々な自然要素を発見して、顧客に製品に伝えるザセムのブランドの特徴を表現するために『世界の自然と通じる』というスローガンと共に『発見(Discover)』と『採取(Extract)』をメインコンセプトにお店を新たに飾ったものです。

ブランドBIカラーである『グローバルエコレッド』と木の素材を使用して暖かく快適な感じを表現しており、ここにDelivery Boxをモチーフにしたインストアを配置しユニークさをプラスしました。

『プリンセススタイル・少女スタイル』

●エチュードハウス
エチュードハウスはプリンセス風のピンクカラーをメインカラーに使っていますが、少女たちの感性とエネルギーを込めたプレイグランドの概念にアイデンティティを向けています。
実際ETUDE(エチュード)の言葉自体もフランス語で『勉強、研究する』意味して、19世紀ショパンが作曲した美しいピアノ練習曲の名前からインスピレーションを受けました。
練習曲が芸術的なメロディに変わるようにエチュードと一緒に多くの少女たちが化粧を手軽に楽しく遊べるように楽しみながら自分だけの美しさを探して変われる楽しい『Make up Play Culture』を実現しています。

●シャラシャラ
最近インフィニットのエルさんをモデルにしているシャラシャラもピンクをメインカラーに使っていますが、プリンセススタイルよりは少女スタイルに近いです。
少女たちが楽しく遊ぶラウンジをコンセプトにした点はエチュードハウスと似ていますが、キャラクタとイラスト要素を加味したことがエチュードハウスとの違いです。

●バニラコ
バニラコもピンクをメインカラーに使っていますが、バニラコが指向するブランドアイデンティティはプリンセススタイルや少女スタイルとはちょっと違います。
メイクアップ専門ブランドということとハツラツとした若い感性、そしてトレンドをリードする都市的な部分が結合されたコンセプトを持っています。

●ホリカホリカ
小さな蚕の成熟した魅力的な蝶に変身するように少女が洗練された魅力的な彼女に変身するホリカの姿を象徴する蝶を介して少女から女性に変身する成長期の少女のアイデンティティと強調しているのである。

『都市的なアイデンティティ』

20130918024106529

●ミシャ
都市的な現代女性を強調するブランドショップたちも多いです。まず、韓国国内初のブランドショップミシャの場合はブラックを基本カラーにして製品ディスプレイを最大限に維持するとともにシンプルさ、都会的な洗練さを強調してラグジュアリーな現代の女性をターゲットにしています。

●トニーモリー
トニーモリーは『ファン』しながらトレンディな都市的感覚をブランドアイデンティティに強調して楽しさと洗練さを同時に満足させるコンセプトを持っています。

『独自のブランド』

20130918024106553

●スキンフード
スキンフードの場合は初めてブランドショップローンチ当時から『体によいフードは肌にもよい』というスローガンの基でフードコスメティックを目指しており、製品開発だけでなく、お店のインテリアでも差別性を強調しています。

出典http://media.daum.net/life/style/beauty/newsview?newsId=20130918024106213


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*