業務スーパーで見つけた冷麺作ってみました

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 業務スーパーで見つけた冷麺作ってみました
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark


この前、業務スーパーに行ってきました。^-^いつも近所のベイシア(群馬のご当地スーパー)しか行ったことなかったので新鮮で面白かったです。ものによっては近所のスーパーの方が安いものもありましたが、ほとんどは業務スーパーの方が安かったのでいろいろと大量にお買い物しちゃいました。

今日はその中の一つをご紹介したいと思います。嬉しいことに業務スーパーに韓国の食材がいくつかありました。行った日が暑かったので冷麺を買いました。冷麺の作り方と感想です。^^

image
まず、ビビン麺!!夏と言えば冷麺なので期待が高まります。*0*

image
中身は麺とソースが入っています。作り方は裏面に書いてあります。麺は役1分ゆでて冷水で洗います。その後ソースをかけてまぜまぜして食べればいいです。

image

冷麺のトッピングにゆで卵、キュウリと梨を載せてみました。写真見たらまた食べたくなりました。-ㅠ-私は写真取るためにソースをかけましたが、ビニール手袋があれば手で混ぜれば麺にソースがよく絡んでよりおいしいです。^-^味は一口は甘いかなぁ?と思いましたが、だんだんと舌がぴりぴりしてきて食べ終わった頃には唇の回りがぴりぴりしてました。結果おいしかったです。^^
image

こちらは夫が選んだ水冷麺です。中みはスープと麺です。スープは水に薄めて使います。麺は同じく約1分ほどゆでて冷水で洗います。

image
トッピングはビビン麺と同じものです。冷たく食べるためにスープは先に作って冷蔵庫で冷やしてから使いました。こちらは夫が食べたので味はよくわからなかったですが、夫曰くあまりおいしくないと言っていました。(極端ですが、夫がこれしか言わなかったので^^;;)やはり水冷麺はお店で食べるものです。

二つとも145円で買いました。^^台風が来たあとから急に涼しくなり(私が住んでいるところは朝と晩は寒いといった方がいいかもしれません)冷麺食べる季節ではないですが、ビビン麺はこれからもいいかもしれませんね。見かけたら食べてみてください。^^


関連記事:

コメント

  1. 慈雨 より:

    韓国に関する書籍で、ビビン冷麺は함경남도の함흥から来た(咸興式)で、
    ムル冷麺は평양から来た(平壌式)として紹介されています。
    日本では冷麺と言うと、ラーメンと同じような麺を冷やして具の上に中華たれをかけた物を指すことが多いです。(冷やし中華とも言います)

    韓国の食べ物は唐辛子の辛さでとても辛いのもありますが、それ以外の物は
    かえって塩味が薄く、日本人には味が薄く感じられます。たとえば韓国のトンカツ、
    カレーなどの洋食類は「あれ?」と思ってしまいます。

    もっともスーちゃんの言う通り、外で焼き肉と一緒に食べて、さっぱり感が良いのが
    韓国のムル冷麺です。コッチュジャンの濃厚な味を洗い流してくれるような
    感じかもしれませんね。

    ところで韓国では、夏ではなくオンドルの効いた冬の室内で冷たいムル冷麺を
    食べるっていうのは本当ですか?

    • スーちゃん より:

      慈雨さん
      今は夏の食べ物になってますが、昔は冷たいスープを手に入れられる
      季節が冬だったので冬に食べられる食べ物でした。

      韓国の味付けって極端かもしれませんねほとんど甘辛いと思ったら
      すごく薄味だったりしますね。でも塩辛いものがもうちょっと
      多いきがします。^-^

  2. tazzy より:

    初めましてm(_ _)m
    拙も冷麺LOVEですσ(^^)
    この夏、業務スーパーでとりあえず一個買いも・・・
    翌日に大人買いしちゃいました!
    他のビビン麺よかタレ多めなのが
    グッドですよね(^_^)
    よろしければリンクさせて頂ければ
    幸いです。。。

    • スーちゃん より:

      tazzyさん
      はじめまして、コメントのお返事が大変遅れてすみません。
      言われて見れば他のビビン麺よりソース多かったです。
      うちの近くの業務スーパーでは他の方が買わないせいか
      セールやってついつい買っちゃいました。^^;
      コメントありがとうございます。^-^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">