新たなコスメ激戦区となったカロスキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新たなコスメ激戦区となったカロスキル
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark


新しいコスメを発売したコスメティックブランドが一番好むポップアップストアスポット。メインストリートにビューティショップだけ15軒を越えます。カロスキルにあるコスメブランドショップをご紹介いたします。^-^

●『innisfree』(上の画像)
新沙(シンサ)駅1番出口から出てカロスキルを向かって歩いてみると済州(チェジュ)の木でインテリアされたイニスフリーショップが目を引きます。壁一面を本物の植木鉢で飾った垂直庭園と玄武岩でお店のあちこちをデザインしてまるで済州島に来たように快適なショッピングを楽しめます。

●『Skin Food』
カロスキルの最初の道にあるスキンフードは年中無休の店舗です。

●『NATURE REPUBLIC』
ソン・スンホンさん主演ドラマ『男が愛するとき』でシン・セギョンさんが化粧品を買ったそのお店です。
20130520151710462

●『MISSHA』
カロスキルを訪れる外国人が増えて製品価格の付加税を戻してくれるTAXリファンド制度を実施しています。
20130520151710482

●『OLIVE OYOUNG』
韓国のオリーブヤングお店の中で一番最初にできた1号店で、イニスフリーショップと並んでいます。
20130520151710502

●『BEYOND』
4月11日オープンしたビヨンドのフラッグシップストア。ロードショップでは5番目の店舗でエコビューティー哲学に基づいて化粧品の動物実験反対キャンペーン、絶滅寸前の動物保護プロジェクトなど様々な動物の保護キャンペーンを広く反映させる予定です。
20130520151710521

●『banila co』
VDLと並んで位置したバニラコのお店は遠くで見ても目に留まるホワイト&ピンクインテリアが特徴です。
20130520151710539

●『VDL』
メイクアップアーティストウェンディロウのワークショップをそのまま移したような店舗インテリア。 VDLのすべての製品をドレッサーに置いて自由にテストできる自己テストバーがあります。 5月の一ヶ月間4万円以上ご購入のお客様にメイクアップサービスクーポンを提供します。
20130520151710558

●『コーヒースミス』
テラスが特徴のコーヒースミスはエスティローダーが新しく発売するダブルウェアーファンデーションのローンチポップストアがここで開かれます。3月末まで1ヶ月間ピテラハウスを運営したSK-Ⅱも4月12〜30日ピテラハウスシーズン2をオープンします。美容ポップアップストアです。
20130520151710576

●『FROSTINES』
昨年5月にオープンしたポップアップストアで5ヶ月ぶりに正規店に転換しました。アイスコスメチックコンセプトに合わせてテストバー自体に冷蔵機能を備えたユニークなショップです。ピクニックシーズンである5月1日から12日まですべての購入顧客にペリカンバックを、11万ウォン以上購入時ビビッドペリカンランチボナンバックをプレゼントします。
20130520151710595

●『belif』
2010年ポップアップストアで最初にオープンしたがフラッグシップに切り替えました。様々なテストゾーンとコラボレーション音楽を鑑賞することができるスペースも設けられています。 5月の1ヶ月ぶり販売するオールマイティラインパウダーリミテッドエディションシーズン2を購入したお客様の中から抽選してアイウェアSPAブランドALOとコラボレーションして制作した 『belif x ALOサングラス』シーズン2をプレゼントする予定です。
20130520151710675

●『VB DIET LAB』
アモーレパシフィックのヘルス&ビューティー機能性食品のブランド『V= Bプログラム』のノウハウを盛り込んだダイエットラップ。 1階は天然原料の健康的な食事を提供するVBカフェとダイエット小物を購入できるセレクトバーで、2〜3階は体系的分析に合わせダイエットを提供するケアスペースがあります。食事とボディラインケア、運動まで楽しむまさにトータルソリューションです
20130520151710689

●『THEFACESHOP』
2010年6月にオープンしてカロスキルがビューティーロードとして全盛期を迎える以前からあったショップです。
20130520151710705


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">