マルチティントバームの活用法!



ティントバーム100%活用法!

冬場、乾燥して荒れる肌くらい気にするところは「唇」です。肌とアイメイクをあきらめてもポイントで必ず唇だけはあきらめない女性が多いです。

特に、リップ製品を中心に最近ビューティーピープルの間で人気を集めている製品はマルチティントバームです。元気な唇にメイクするだけでなく様々なところに活用するのがトレンドです。

注目浴びているテインとバームと賢いビューティーピープルたちがティントバームをどのように活用しているのかご紹介いたします。

# ホットなビューティーアイテム「ティントバーム」

166adfe7993cf7a62514b907fb39b48a
最近、韓国の若い女性の間で人気のティントバームはティントとリップバームの機能を混ぜたビューティー製品で今までのティントの弱点であった角質目立ちとリップバームの限界である発色力の弱点を補完してできました。

その中でも特に「innisfree(イニスフリー)エコ花水ティントバーム」と「ベネフィット ハイドレイティングティントリップバーム」が高い関心を集めています。

イニスフリーのエコ花水ティントバームは花びらから5つのカラーを抽出して作られたリップバームで唇にやさしく溶け出すテクスチャーが特徴です。ローズヒップオイルとローズ水、アカシアコラーゲンがしっとりな唇に形成してくれる要因も作用します。

ベネフィットのハイドレイティングティントリップバームはナチュラルな発色力と唇の水分供給を助け、角質が目立つことろを抑える特徴があります。これだけ塗るとほのかに塗られますが、一般的なティントと一緒に塗るとより鮮やかな発色になる製品です。

# ティントバーム活用法

STEP 1. しっとりした唇の元作り
ティントバームを適量唇にやさしく塗ります。花びらの色が唇に染まるような華やかなリップカラーが表されて角質なしに長くしっとりと維持されるデイリーティントバームに使えます。

STEP 2. 頬もピンクに染まるチークに活用
ティントバームをベースメイクした肌の頬に少し塗ります。しっとりと染まるようにやさしく塗るとかわいいチークに変わります。

STEP 3. デートメイクのアイメイク
唇と頬が染まったならアイシャドウも色を合わせる必要があります。パウダーで油分を抑えてティントバームに薄くまぶたの上の塗ります。やさしく塗って眉毛の下までしっとりと塗ること。もう少し濃い目元にしたいならアイライナーで目元を鮮明にしてあげましょう。

出典http://bntnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=03&c1=03&c2=&c3=&designer=&season=&nkey=201412151702273&mode=sub_view


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*