キム・ボム主演映画『サイコメトリー』



キム・ボムさんとキム・ガンウさん主演映画『サイコメトリー』が1日と2日韓国で舞台あいさつを行いました。

今回の舞台あいさつでは俳優たちが入場するとき上映館内を一回りして観客とハイタッチイベントが行われました。また、フォトタイムとクイズイベントなどが準備されて観客たちの反響を得ました。

舞台あいさつの中キム・ガンウさんは『夏釜山でずっとドラマ撮影をしたせいか釜山が親しく感じます。僕は釜山の息子です』との言葉で釜山に対する格別な愛情を表しました。

また、『ヒットすればキム・ボムさんと一緒にもう一度釜山を訪れ、ハイタッチだけでなく一人ひとりハグをします』と話しました。

201303041031131123_1
キム・ボムさんは『公開前に観客の皆さんと一緒にできる席なので、とても気持ちがいい。このすばらしいエネルギーを継続していきたい良いし、公開後ももう一度見に来てくれますよね?と話しました。

『サイコメトリー』はハイタッチ1弾バレンタイン記念、『タッチショー』ショーケースをはじめ、ハイタッチ2弾チョンアン、テグ、釜山地方舞台あいさつ、ハイタッチ3弾CGV永登浦全館舞台あいさつ、ハイタッチ4弾ソウル舞台あいさつを通じて観客1万人とタッチをする予定です。

映画『サイコメトリー』は連鎖児童誘拐事件を追う強力係刑事(キム・ガンウ)と事件の唯一の目撃者であるサイコメトラー(キム・ボム)が事件を解決する過程を描いた映画です。公開は7日です。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*