『殺人の追憶』監督の最新作がすごい!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『殺人の追憶』監督の最新作がすごい!!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark


『殺人の追憶』、『グエムル』、『マザー』などを手がけたボン・ジュノ監督のハリウッド進出最新作『설국열차(ソルグッヨルチャ)雪国列車:snowpiercer(スノーピアサー)』はフランス漫画が原作です。

あらすじ
“地球温暖化を阻止するための実験が氷河期を引き起こしてしまい、地球上のほぼ全ての生命体が絶滅してしまった未来を舞台にした作品。世界中を回り永久的に作動するエンジンにより動かされている巨大電車’スノーピアサー’の住民たちが唯一の生存者であった。時が経つにつれ、電車の中では階級システムが生まれ、エリート階級の住民たちは電車の前方に、そして貧しい住民たちは電車の後方に分けられていた。貧しい暮らしに疲れた後方の住民たちは、前方に住むエリートたちが神聖に扱っているエンジンのコントロールを手にしようと革命を起こすことになる。”(出典http://eiga-movie.com/%E6%98%A0%E7%94%BB/snowpiercer/)

こちらはインターナショナル版予告編です。

キャスト:クリス・エバンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジョン・ハート、コ・アソン、オクタビア・スペンサー、ジェイミー・ベル、エド・ハリス、ユエン・ブレムナー

ボン・ジュノ監督が今回の作品を作ろうと思ったきっかけは2004年冬弘大(ホンデ)前漫画屋(漫画喫茶かなぁ?^^;)で『雪国列車』というフランス漫画に出会いました。立ったまま漫画を読んでしまったボン・ジュノ監督は列車という蛇のように動く数十個の鉄の塊とその中で詰め寄った人間と言う映画的なコンセプトに魅了されたからだそうです。

『雪国列車(Snowpiercer)』(SF/アクション/ドラマ)は韓国での公開が2013年08月01日を予定していて、北米の公開が2013年予定、日本公開は2013秋を予定しています。


関連記事:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 慈雨 より:

    今回、中央アルプスで韓国人登山客4人がお亡くなりになられた事 沈痛な気持ちでいっぱいです。

    • スーちゃん より:

      慈雨さん
      なくなられた方は本当残念ですが、防げた事故だったことがもっと残念ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">